男の育休取るべきか?取る必要なし?

男の育休取るべきかどうかについて

昨今の社会的な流れにより、一部の企業より男の育児休暇が取れる環境ができてきている会社も増えてき始めていると思います。

私の職場では同じフロア内でこの一年間に育休を取得した男性が2人もいる職場環境であり、育休を取得する事が認められる環境であったが、その上で私は育休を取得しませんでした。

結論としては妻も納得した上で取る必要は無いと判断し、その判断は正しかったと自分達は考えているためその内容や経緯等について書きたいと思います。

これはそもそもの会社方針や職場環境、家庭事情等により各自状況が大きく異なる部分であると思いますので、できる限り私の状況について詳しく記載する事で、これを読んでくださる方々のお役に立てればと思います。

そもそも育休を取得できる職場環境や職種であるか?

結局まずは会社自体が育休取得に協力的である必要がありますよね

会社内の規定が整備されているか否か?

一度でも社内の男性で取得した人がいるか?

その辺りがとっても重要だと思います。

次に重要なのが、自分が所属している部署や担当業務からタイミングとして長期休暇取得な状況であるかです。

当たり前ですが育休を何とか取得できたとしても、その後信用を失って職場で働きずらくなるのは避けたい所です。

会社としてはそのような特定人物への不利益を社内的に起こさないように、会社内でそれなりに社内教育等を行ったりはするものの、結局は人間関係も考えて行動する必要があるというのが現実でしょう。

ボトルネックは給与カット

私の会社の場合は、育休取得をした場合はその取得時期の給与の完全カットと賞与の減額が規定されていました。

もしかしたら育休の間もある程度の給与が支給される等の福利厚生の整ったホワイトな会社は存在するのかもしれませんが、私の場合はこのような待遇でした。

育休を取得できる環境があったとしても結局は金銭面からも考える必要があるのではないでしょうか?

結局の所は個人の事情に合わせた総合的判断

私の場合は、職場環境面や金銭面でも育休を取ることが可能でした。(取得するのであれば妻の産後1か月程度)

また、私達の場合は自分達の父母の実家からも離れていて助けを得られない状態ではありましたが、妻の場合は無痛分娩で出産したこともあり妻自身が退院した後もそれなりに元気で、ありがたいことに家事もある程度行える状態であった事から育休は取得しませんでした。

結果的には生活は問題なくできたし、妻も納得していたようです。

また、育休という形でまとまった休みを取得するよりは、有給消化という形で必要な時に少しずつ休んが方が効率が良い気がしました。

育休を取得したせいで有給取得の申し出がしにくくなるくらいであれば、職場のメンバーにはある程度の理解をしてもらって適当に有給を取得していくのが良いと思いました。

私の場合には今後もし2人目を授かる事があった場合には、育休を検討したいと思っています。皆さんの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました