献立に悩む日々とおさらば!【コツと節約】

節約

面倒なのは献立を考える事

みなさん毎日の家事育児お疲れ様です。

その中でも1番億劫なのって献立作成じゃないですか?少なくとも私はめっっっっちゃ苦手でよくサボってました\(^o^)/

その結果、外食やらUberEATSやら持ち帰りやら…(‘A`)それから惣菜などをその場しのぎで買うから食費は高くついていました。

それはおバブを出産してから特に酷くなり、家計簿をつけると赤字かカツカツでした(>_<。)

おバブの将来や私たちの老後資金など、お金の心配が尽きない我が家の問題となってました。

問題を解決するには【その場しのぎで買い物をしない】【1週間分の資金を意識して計画的に買い物をする】この2つがキーワードでした。

とはいえ日中はおバブ中心で家事育児をしながらなのでとにかく時間が無い!でもお金もねぇ!

ここをどうにかしておバブの明るい未来を掴み取るんや!私は手始めに作戦を立てる事に。

献立作成を1週間まとめて考えてみた

そう。作戦とは【献立をまとめて立てる】という計画的買い物をしてみようという内容。

そうすれば無駄買いは抑えられる。それから献立どうしよう〜という毎日の悩みもまとめて解決できるから(*’ω’*)

結論から言うとこれはめちゃくちゃ効果があった。ノーベル家庭賞も狙えるくらいの劇的な効果でした!

最初に息巻いて1ヶ月分考えちゃお☆って人もいるかもしれない。しかし家庭というのは日々の習慣や人数、嗜好など様々である。

この方法が合わない家庭だってあるはず。だからまずは【1週間分】作ってその通りに動いてみる。

その中で各家庭によって工夫したりして自分の家にピッタリな形を模索していって初めてルーティン化出来るのです。

私も最初は1週間分からはじめて3ヶ月たった今では段階をふみながら【1ヶ月分の献立】をまとめて立てられるところまで来たのです( •̀ᴗ•́ )/

その献立を立てるにもちょっとしたコツがあるので我が家で実践している事をちょこっと紹介します。

私の中の組み合わせ方法を紹介

紹介の前に我が家のメンバーを軽くご紹介。メンバーの嗜好なども織り交ぜた献立でないと顰蹙を買ってしまうので家族みんなが納得できる内容にする必要があります。

まず夫は晩酌が大好き。仕事と大学院を掛け持ちしている彼は忙しい日々の中に晩酌という唯一ゆっくりできる時間で癒されている。その為晩酌可能なおかずを週末に配置してあげると良い。

それからおバブ改めておチビ。1歳2ヶ月になったばかりの薄毛女子。歩くようになって急に食べるようになった。彼女は煮物や温野菜、そしてねこまんまが大好物。汁物必須である。

我が家のメンバーはそんな感じ(・▽・)

献立作成のコツ

  1. メニューを一つ決めたら作るのに必要な食材をチェック。
  2. 使用して余る食材からメニューを考える。
  3. 考えたメニューを配置する。
  4. 2週間に一度はカレーを入れる。
  5. カレーを作って余る食材からメニューを考えて配置する。
  6. 空いているところはバランスを見ながらメニューを考えていく。

順を追って説明します(‘ω’)ノ

常に冷蔵庫に入っている常備菜。我が家ではニンジン、ネギ、玉ねぎです。

少ないでしょう?(ドヤ)

それ以外の野菜を買う時に無駄にならないように献立を組み立てます。

例えば豚汁の献立を作ろうと決めたら常備菜の他に豚肉、ごぼう、大根、こんにゃく、油揚げが必要なのでこんな感じになります。

他の食材達はそれぞれ余るので、そこからメニューを考えるとこんな感じに。

ちなみに我が家では豚肉はお弁当のおかずにも使えるので常備菜ならぬ常備肉となっております。

我が家は2日分作る料理で大まかに埋めてから、他の食材の派生したメニューを配置してなんとなくバランス良さそうな物を入れるようにしてます。

2日分作るのはカレーやシチュー、ハヤシライス、豚汁、ミネストローネ、おでんなど。

生理前のしんどい時期はより一層手抜きができるようになんとなく配置しています(*´з`)

自身のつらい時期がわかる方はそういうのも加味して予定組むと本当に楽ですよ~

それからカレーは入れるものを変えたら何種類も作れる最強の食べ物です。

安定のポークカレーから牛筋カレー、キーマにシーフード、たまにはリッチに牛肉カレー!

こんなに種類があったらひと月の中で2回はカレー入れてもいいんじゃないかと思います。

我が家はみんなカレー好きなので3週間に一度カレーが回ってきます(笑)

夫曰くカレーの日を増やすと食費が抑えられるというデータがあるとかなんとか…

ということで節約におすすめのメニューはカレーを推します。

こんな感じでポンポンと当てはめていきます。私は100均の小さな付箋に献立を書いてカレンダーに貼ってます。\(^o^)/

家族もそれを見て楽しみにしてくれたり、まるで給食の献立表みたいな感じです(笑)

次の週の献立を立てる時には余っているであろうトマトやキャベツから連想してまた考えていきます。

私ならミネストローネ2日分を組み込んじゃいますね。使う食材が多いメニューを先に考えると余る食材も多くなるので品数が増えて当てはめやすいです(*´з`)

ミネストローネなら他にセロリやジャガイモ、ベーコンあたりが必要なので、セロリでヤムウンセン(タイの春雨サラダ)やジャガイモなら肉じゃが、ポテトサラダ、コロッケもいいですね。ベーコンならカルボナーラやナポリタンなどのパスタなんかも浮かびますね。

こんな感じで浮かんだものを付箋に書いていって適当にカレンダーに並べてまた他の追加食材を検討して繰り返す感じです。

効率化したら食費がなんと30,000円も抑えられた!

あとはメニューをキッチリカツカツに決めない方が上手く行きます。ざっくりとした【煮魚】や【焼き魚】という表記にしてます。

完璧主義の人なんかはキッチリしたがるでしょうけど、実際は同じ野菜でも量が多い時もあれば少ない時もある。あとは家族が使っちゃったり。在庫がうまく当てはまらないこともある。

だから余白があると調節しやすい。予定にはないけど、トマトやレタスが安いから追加してスープやサラダをボリュームアップしようとかできるわけです。

鶏肉の方が安いから鶏メインに変えたり、旬な魚料理にしてもいいのです。買い物の楽しみも余白として残しておきます。

ただ買うものはほぼ決まっているので無駄買いは減りました。この献立方法にしてなんと1ヶ月続けて家計簿をチェックするとなんと30,000円も安くなっていてびっくりしました( °_° )

信じられなかったので2回チェックしました(笑)間違いなく現実で嬉しかったです\(^o^)/

でももしかするとまぐれかも?と思ってもう1ヶ月挑戦。今度は1週間〜2週間分の献立を計画して1ヶ月過ごしてみる。

自分の中でなんとなく当てはめ方がルール化されたおかげでササッと出来ました(*^^*)

その月の結果も食費は上がらず-30,000円をキープしていました。

食費30,000円も余分に何に使ってたんだろう…。計画と無計画の差は見過ごせないレベルでしたね。気づいてよかった(*´ω`*)

ルーティン化したらめっちゃ楽になった

毎日の献立を考えるタスクがないのは思っていた以上に楽でした\(^o^)/

買い物も行く頻度や量が減ってこれまたいい事です。

時間になったらチャチャッと作っておしまい。計画通りなので材料が足りないこともないし、冷蔵庫が無駄なものでぎゅうぎゅうになることもないしいい事づくめでした。

献立をまとめて立てる時は時間が必要なので、おチビが寝静まってから集中して計画立ててます。

     \こんな素敵な料理本見つけた/

もし、興味があるけど料理苦手だし…という方はこういうレシピ付きのものを参考にするとうまくいくキッカケになるかもしれませんね(*’ω’*)

生活していると気づきづらい無駄な食費。計画を立ててみると無駄が省かれるので節約と家事タスクを簡単にしたい方は是非試しててください(*´ω`*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました