抱っこ紐はベビーアンドミーがオススメ

育児

抱っこ紐を初めて装着した時の話

妊娠中から私の中にひとつの思いがあった。

それは!

抱っこ紐は絶対ヒップシート付きがいいということ!それは私の経験則から弾き出された結論である。

20代後半頃に友人達がこぞって子宝に恵まれ、遊ぶ時などおバブ連れで来ることがあった際に抱っこ紐を付けさせてもらったことがある。

エルゴベビーが人気な為、みんなそれを持っていて私が付けさせてもらったのもそれである。

付けてみると思っている以上に肩にくる重み万年肩こりおばけの私はげっそり(笑)

しかも8kgおバブの重みで気を抜くと前のめりの姿勢になってしまいそうだ。

それからanelloのリュックがパンパンになるくらいの大荷物も背負わせてもらった。

オムツに着替えにおしりふき、調乳用のお湯や粉ミルク、哺乳瓶。マグやおやつにママの財布、ポーチなど…かさばるものばかり。

リュックのおかげで前側だった重心が少しマシになるが何より思ったのは体の動かしづらさである。

う…動きづらい…( ̄▽ ̄;)おバブの重みに慣れていないのもあって、この時はものすごく衝撃を受けた。保健体育で学ぶべき案件だよ…。

抱っこ紐とリュックを装備しながら華麗に買い物を楽しむ友人達。尊敬の念が芽生えた瞬間だった。

慣れだよーなんて友人達は言っていたが、長時間つけているとどうしても疲れるとこぼしていた。

ママとおバブのお出かけは一筋縄ではいかないというのをまざまざと見せつけられたのを覚えている。

もちろんおバブの抱っこ紐とリュックの重みは肩に集中する。子育て大変そうだ…私はまだまだママになる勇気がない(‘A`)と心底思った。

それからしばらくして私は衝撃の出会いをする。

ヒップシート付きの抱っこ紐を体験した!

これもまたお友達の抱っこ紐とおバブで試させてもらった(笑)

その子のおバブは大きめで11ヶ月で10kgを越えていた。でかい(笑)

ヒップシート付きの抱っこ紐はまじで楽だよ〜!と言っていて早速つけさせてもらった。

腰の部分のベルトがもはや骨盤矯正ベルト並み!厚みと幅がしっかりあり、その作りに驚いた。

何より、10kgバブを乗せて装着すると重みが全然違う!腰部分のベルトで重みが分散されて肩への負担やバランスが全然違ったのだ\(^o^)/

その子もエルゴベビーを使っていたのだが、夕方におバブがどうしてもグズグズしてしまい、おんぶの為にヒップシート付きの抱っこ紐も追加で買ったというのだ。ブルジョワの極みである。

確かに10kgのおバブを背負って夕食を作るのはかなり大変そう。ヒップシートがあるのとないのは全然違うから買ってよかったと友達。

確かに体感している分私もヒップシート付きの良さを知ったので、自身がママになる時はヒップシート付きの抱っこ紐がいいなぁと心から同意した。

【バックル外し】という悪質なイタズラから赤ちゃんを守るために

自分が妊娠して抱っこ紐を選ぶとなった際にもう1つ重視したことがある。

それは一時期Twitterで話題になった【バックル外し事件】である。

読んだ時は正直作り話かなと思ってしまったが、このご時世何が起こるかわからない。

元は作り話でも模倣犯が出る可能性だってあるのだ。

子どもが欲しくても出来なくて拗らせてしまう人、誰でもいいから弱い人を攻撃したい人、コロナで【失うものがない無敵の人】が増えたのは言うまでもない。

万が一我が子に何かあったらと思うと不安になる。大切な命で何よりも尊いのだ。失ったら生きていけない(真顔)

悲しいけれど一定数危害を加える可能性のある人間がいるのだ。それは人の皮を被っていていつ遭遇するかわからない。

こちらも無防備でいられないのが現実なのだ。嫌な世の中だけど仕方ない。こちらも身を守る術を持たないといけない。

私はバックルを外されても赤ちゃんが落ちない作りになっている&ヒップシート付きの抱っこ紐を探した。

BABY&Meの抱っこ紐が最強だった!

私の欲張りな願いをマルっと叶えてくれたのはベビーアンドミーの抱っこ紐でした(*´ω`*)

しかも私が買った時よりすごく安くなってる( ;∀;)

ベビーアンドミーベルク!本当はこれが買いたかったんだけど…

当時発売されてすぐなこともあり高くて勇気が出なかったベルク…すごく安くなってる( ;∀;)

     \めっちゃお得だから見てみて~!/

ベルクならキャリアパーツを追加購入すれば普通の抱っこ紐のようにも使えるのだ!旅行とかヒップシート持って行きたくねぇ!って時も付け替えることでヒップシート最大のデメリット・場所とって邪魔という問題を解決できるのだ。

いいなぁこれから買う人はいいなぁ…(*’ω’*)

話がそれたので時を戻そう(*´з`)

もし外して赤ちゃんを落としたければ(パワーワード)まず腰のバックル(やや固め)をはずし、広範囲のマジックテープをベリベリ剥がさなくてはなりません。

背中のバックルを外しても肩部分が後ろまでぐるっとあるので、肩で引っかかり落ちない作りになっています。

これでヤバい奴からおバブを守れる…!!!今のところ目撃したことも遭遇したことももちろんないですが…。この先も遭遇しないことを願いつつ一応抱っこ紐の構造的な安心は得られました。

一部のアカチャンホンポではベビーアンドミーの抱っこひもをお試しできます!私も産後にららぽーと船橋店で試着してみました(*’ω’*)!

各部分簡単に調節でき、夫ともシェアできたのが確認できたので購入しました。

ただ一つ思ったのが、これって小柄な身長の人は使いづらいかも?ということ。

ちなみに私は身長160㎝です。それでもおバブの頭が口元に来ます(笑)そのままだと足元全然見えない(笑)

人によってウエストや腰の位置、体系など違うので一概には言えないですが、抱っこ紐は着用してから買うことをお勧めします。

ベビーアンドミーに種類がある。どれを選ぶべき?

ベビーアンドミーには大きく分けるとベルクとONE-Sがあります。

私が買ったのはONE-Sシリーズなのでそちらをざっくり紹介します☆

スリーピングフード、メッシュ機能、ウエストポーチ、安全ベルト、EU安全基準はどのシリーズもついています。

違うのは重さ生活防水の有無、SGマーク取得か否かの3点。

ベビーアンドミーORIGINAL ¥21,450

メリット:7カラーから選べること。あとはシリーズの中で一番安い。

デメリット:820gの重さと生活防水が付いていないこと

ベビーアンドミーLIGHT ¥22,550

メリット:重さは720g。オリジナルと比べると100gも軽量!

デメリット:色は3カラーから選ばなくてはいけない

ベビーアンドミーSG ¥27,500

メリット:唯一SGマークを取得。重さ720g。

デメリット:そのマークがやたら高い。2カラーからしか選べない。

私が購入したのはLIGHTです。

色も最初からブラック一択だったのと、何が何でも軽いものがいい!という理由からです。

たった100gでも毎日使うことになるのなら少しでも軽い方がいい…あとは1000円くらいの差で生活防水もつくならそのほうがいいという結論です。

SGマークは正直どうでもよかったのでそこに+5000円はかけたくなかったです(笑)

身体の負担を減らして楽しい育児ライフを!

いろいろな抱っこ紐があるいい時代。その分どれを買えばいいかわからなくなりますよね。

私は元々抱っこ紐とおバブの体験をさせてもらっていたのと、バックル外し対策という基準を持っていたので比較的決めるのが早かったです。

あと他に決め手になったのは、対面抱っこをはじめ、おんぶ前向き抱っこも可能ということ。

生後半年を過ぎた頃に腰が据わったので前向き抱っこでお出かけをすると大興奮(笑)

たくさんの方にかわいいねぇと声をかけていただいたり、本人もいい刺激になったようで夜によく寝てくれるといういいオマケつきでした!

更にもっと大きくなった時にはヒップシート単体でも使えるという長く続く育児を頼もしくサポートしてくれるところも強く惹かれました(*’ω’*)!

実際使っていて困った事はないです。腰痛も肩こりも仕事していた時の方がよっぽどひどかったくらいです(笑)

かさばるという最大のデメリットはおバブの甘えんぼによって即打ち消されました。遠出する時や、ぐずられると困るとき、はたまた電車移動の時などは1歳を過ぎた今も抱っこ紐で行きます(・ω・)!

東京に住んでいると駅の中の複雑さがすごい(語彙力)

ベビーカーで移動するとエレベーター探し&長い長い待ち時間がもれなくついてきます。

待つのが苦手な私の性格には身軽なヒップシート付の抱っこ紐がぴったりでした。

それから歩くようになったおバブさん。いっちょ前に歩き散らかしているくせに、疲れると抱っこで寝たがる甘えんぼさん。あなたにぴったりの抱っこ紐を買えたんじゃないかな?と母はいつも思います(笑)

自身のライフスタイルに合わせてぜひ検討してみてください☆少しでも参考になったら幸いです(*´з`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました