【選び方】超音波式加湿器は洗いやすさがカギ!

産後の悩み

スチーム式加湿器を辞めた理由

うちには元々スチーム式の加湿器がありました。

この型より古いタイプかもしれないけど、処分してしまって詳細がわからないので一応同じ型のものを貼ってみました。

\当時も20,000円くらいしたよ/

加熱してくれるとはいえ、水のたまっているところにはピンク汚れがつきます。

綿棒すら入らなそうな狭い細かい部分にも水が入り、その汚れが取りたくても掃除しづらい!イライラ。

更にはスケールというカルキなどの汚れがものすごくこびり付く。

これがなかなか落ちなくて。クエン酸を使って落とすのも面倒でした。(ちなみにピンク汚れもクエン酸である程度落ちる)

厄介なのは経年劣化なのか、スケールの発生がどんどんハイペースになる事。

一応フィルターなんかも買い直して新しくしたりしても、2、3日で掃除アラームが鳴ってました。

しかも寝室で使うには運転音がうるさすぎるし、唐突に鳴る掃除アラームでおバブが目を覚ましてしまうというおまけつき。

あとはデジタル表示の明るさがめちゃくちゃまぶしい。なんならその明かりでおむつ替えが可能なくらいまぶしい。

そもそも論、寝室にはスチーム式加湿器は家事などの危険があるので使わないのがベスト。

でも加湿したいのは夜寝ている間なんよ…。

イオンフィルターや蒸発布などの消耗品たちのランニングコストもかかるし、本体自体も高かったのに3度の冬くらいしか使えなかった…。二度と買いたくない!大失敗の買い物でした。

ただ、スチーム式のいい所はめっちゃ部屋が暖かくなること。湿度をしっかり上げてくれるのも素晴らしい。そこだけ好きだった。

娘がまだ小さいので火傷の心配もあるし、なにより掃除の手間が面倒で面倒で。スチーム式加湿器を捨てて新しいものに買い換えることにしました。

とにかく手入れのしやすいものが欲しい!

とはいえ加湿器がないとドライアイが悪化したり、肌、鼻や口などの粘膜も乾燥してしまいます。

部屋の温度も湿度が低いと寒く感じるので絶対必要!という事で買ってみました。

こちらは口が広くバケツのよう。入り組んだ構造とは無縁のスタイル。

塩素でつけおき殺菌もできるし、スポンジで中をしっかり洗うこともできるのは画期的!

ランプもグラデーションのように色が変わるのもなんか癒される。

運転中の音が全然気にならないのもポイント高いです。

もくもくたっぷり量が出るのも気に入ってますし、一晩中つけていても翌朝まで十分に加湿し続ける量の水が入るのも魅力的です。

スチーム式とは違って、ひんやりしてますが暖房と一緒に使えば気になりません。

電気代もスチーム式と比べるとめちゃくちゃ安いです。

抗菌アイテムを使ってみた

ちなみに我が家の寝室は2階にあり、2階には水場がありません。

その為、2リットルのペットボトルにお水を入れて上に運んで移し替えています。

そのペットボトルの中にこのスティックを1本入れてます。

1ヶ月抗菌作用が続くみたいで、そのおかげなのかわかりませんが1度も嫌な匂いがしたことはありません。

レビューを見ると賛否両論ですが、適切な使い方をしているかどうかは個人の見解によるのであまりあてにしていません。

入れっぱなしでOKと書いてあっても、水は毎日変えるのがデフォルトな訳で。スティック入れたままで、水が減ったら足して使っていたら古い水が常にある状態ですよ?ゾワゾワ〜(; ´⊙Д⊙)

その継ぎ足した水飲めますか?気持ち悪いですよね?でも加湿器で空気中に舞ってるんですよ?

秘伝のタレじゃあるまいし。入れっぱなしでも殺菌し続けるなんて、このスティックにそんな威力を感じないし信じられない(唐突な辛口レビュー)

とはいえ実際にピンク汚れや嫌な臭いも発生していないので効果はある気がします。

うちでは加湿器を使ったら残った水は捨てて(私はベランダに流してる)タオルの上にななめに立てかけて乾かしてます。

この方法がいいのか除菌の効果なのかは分かりませんが、要は清潔に保てていればいいのです。

事実過去には超音波式加湿器による健康被害や亡くなる事故も発生している訳ですし、加湿器と気化される水が清潔であれば問題ないのです。

失敗した点がこちら

この加湿器、本体とコードの部分が外れない作りなんです。

なので朝水を捨てる時にいちいちコードを抜く必要があるんですが、地味に面倒で悔しい。

皆さんはちゃんと本体とコードの部分が外れるタイプの物を買いましょうね。

万が一子どもがコードを引っ張って落とすリスクも減ります。

買い替えて良かった!!!

コードの部分の不満がありつつも、スチーム式の頃のお手入れを考えたら屁でもないです。

クエン酸やってこびり付いたスケールを落としてって…蒸発布にもスケールはつくのでもみ洗いも必須です。

フィルターや蒸発布も消耗品なので買い続けないといけないランニングコストもかかります。

それでいて2、3日で掃除のアラームが作動するとなるとさすがに手放す事にしました。当時2万くらいしたのに…

娘が生後半年頃だったので、加湿器!テメーの面倒まで見れねんだよ!ってめっちゃイライラしたのを覚えています(笑)

それに比べたらコードがなんちゃらって小さい不満です。

4000円くらいで解決するなら、スチーム式のランニングコスト分で買えるのでオススメです。

お手入れ必須家電を買うなら複雑な構造のものは候補に入れないが吉ですね。

スチーム式加湿器は勉強代と思って、清潔に保てる超音波式加湿器を壊れるまで使い倒したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました