【洗面台】沐浴の手順と片付け【ワンオペ】

育児

我が家では洗面台で沐浴をしていました。

\あわせて読みたい/

【洗面台】沐浴の準備と必須アイテム【ワンオペ】
ベビーバスって本当に必要?出産前に必要なベビーグッズを選びますよね。その中でもベビーバスってもはやマスト的なアイテムの1つですが、私はどうも腑に落ちなくて。というのも、ベビーバスは使わなくなったらただの邪魔な存在という事実...

洗面台で沐浴をスムーズにする為の浮かせる収納なども載せてます。良かったら見てみてください(*´ω`*)

入浴までの手順

  1. おバブを産まれたての姿にします。
  2. 自分の腕をお湯につけて熱さを一応確認
  3. おバブのあんよの方からゆっくり湯船に入れてあげます。
  4. 不安がって大体泣くので声掛けは常に必須。
  5. 沐浴布をかけてあげます。

さて、ここからが本番です( •̀ᴗ•́ )/

おバブは沐浴でも体力を消耗する生き物です。

手早く・確実に各工程をこなさなければなりません。目安は5分です。

お顔洗い方&拭き取り方

沐浴では上から下へ洗っていきます。

上ってことは頭から?と思いますが顔が一番先です。顔→頭→胸・お腹→腕→背中・おしり→足→おまたの順です。

まずはお顔からSTART!

  1. お顔に泡をのせます。目安としては半プッシュくらいの泡を手に取り、おでこ、両頬にチョンチョンとのせて優しくクルクル洗う。
  2. 指についた泡でこめかみや鼻、あごも優しく洗う。
  3. お湯の入ったボウルからカイメンを出し、ギュッと絞ってお顔を拭き取る。
  4. 拭き取る度に少しずつ当てる面を変えて、拭き取った泡が再びお顔につかないようにする。
  5. 途中泡が気になるなら、ボウルでカイメンを洗って再び拭き取る。
  6. もう一度拭き取りを繰り返す。

お顔を洗う時のポイントはこの3つ。

  • お顔に泡をのせすぎない
  • 目元や口元ギリギリまでのせない
  • カイメンはしっかり水を絞る

拭き取る際にもお肌の汚れは落ちます。なので大人の洗顔のように全体に泡を広げなくても大丈夫。

皮脂の多いおでこ、頬、あごをクルクルするくらいで十分です。鼻はオマケです。

そして拭き取る際に使うのはカイメンです。

砂がついてたりするのは自然の証拠です。カイメンは海藻の一種らしいです。使う前には水でしっかり洗って乾かしておき、すぐ使えるようにしておきましょう(*´ω`*)

カイメンは乾燥しているとゴワゴワのカチカチですが、水につけるとあら不思議!柔らかくて優しい肌触り。なので産まれたてのおバブの肌にもピッタリです。

水に濡らしたガーゼとカイメンを比べると断然カイメンの方が優しいです!ガーゼは結構刺激強いので注意です。手の甲をガーゼで擦るとわかると思います。ごわごわ~

カイメンは使い勝手も良く片手で扱える大きさ。更にギュッと握るだけでしっかり水をきることができます。

その反面ガーゼは片手で収まらず、しっかり水をきりづらい為、泡を含んだ水が目に入る恐れがあります。

少し高いかもしれませんがあると沐浴捗るので心からおすすめします。

頭と身体の洗い方&泡の流し方

お顔を洗ったら今度は頭です。

  1. カイメンにお湯をたっぷり含ませ、髪を濡らしてから泡をつけて洗う。
  2. 同じようにカイメンにお湯を含ませ頭に押し当てると簡単に泡を流せます。(お顔の方に垂れないように注意)
  3. 上半身も泡で優しく洗います。湯船で泡が勝手に流れるので必要があればカイメンで泡を流します。
  4. 首のシワの部分、脇の下も丁寧に洗います。
  5. 腕と手の中も同じように洗います。

ここでもカイメンは大活躍。顔が終わればカイメンはおバブと同じ湯船につけてOKです。

今度はカイメンにお湯を含ませて洗い流します。結構たっぷり含んでくれるので流すの楽ちんです。

さて、顔、頭、胸・お腹、腕が完了しました。

ここからおバブの姿勢を変えて背中とおしりを洗います(*´ω`*)

  1. 右手でおバブの身体を支えて、左手で背中とお尻を洗います。
  2. お顔がお湯に浸からないように十分注意しましょう。
  3. 洗ったらカイメンで流します。
  4. 左手でおバブの頭と首を支えて体勢を元に戻します。
  5. 両足を洗ってからおまたをサッと洗います。

これで洗いは完了〜( •̀ᴗ•́ )/

文字にすると多くてゲッソリするけど、やってみると全然大したことないので大丈夫(*´ω`*)

ここからは我が家流です。

洗面台の栓を抜いて泡まみれのお湯を流します。蛇口を伸ばしておバブの足元の方で温度が安定するのを待ってから仕上げに身体全体をシャワーで流してました

ベビーソープだし万が一残っていても大丈夫そうだけど…心配でちゃんと洗い流してました。(´ω`)

シャワーヘッドついてると沐浴が捗りますね!

それからベビー用のバスタオルにくるんでお世話セットのあるリビングへ。

保湿とお着替え

保湿は1歳2ヶ月になる今もずっとこれを使ってます。

冬はワセリンもプラスしてしっとり♡

保湿の後はオムツを当てて手早くお着替え。

その後はお耳を綿棒でこしょこしょ。中耳炎にならないようにちゃんと耳の中のお水を取ってあげましょう(*´ω`*)

おバブは喉が乾いているので授乳して沐浴は完了です。

…はい、片付けが残ってます。

沐浴後の片付けとおまけ

私はワンオペだったので授乳後、ゲップを出させてから片付けてました。

とりあえず放置ってやつです。

カイメンや下に敷いていたスポンジは水で洗って外に干します。

バスタオルは洗濯機へ。

ボウルやベビーソープも元の場所へ戻します。そうしてようやく沐浴完了〜!

片付けの後はいつも寝てました(笑)

おバブの目に泡が入ったりせず、お顔がお湯に浸かっちゃう事もなく、無事に終えれたら御の字です。

小さな命を大切にお世話出来た証拠。心の中で自分の事も必ず褒めましょう。あなたは今日も頑張った!

ワンオペで自尊心低いと病みます。できて当たり前じゃない。あなたが頑張ったからおバブは今日も健やかで元気にオギャオギャできるんだい。

おバブの沐浴は毎日あるし、何かと気を遣わなくてはいけないお世話です。

ワンオペでやっていたら満足に寝てない中やっているわけです。

気をつけていても時にはやらかす日だってあります。だからって自分を責めるのではなく、なんでそうなったのか、原因だけを追求しましょう。そして次に生かせればOK。

ワンオペ育児に完璧主義は不要です。気づいたら完璧への執着を捨てましょう(*´˘`*)♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました