1歳児との動物園にヒップシート付き抱っこ紐が大活躍だった話

育児

初めての動物園!

娘が1歳3ヶ月になった日、我が家では動物園デビューを果たしました。

上野動物園の整理券の予約がとれたのでようやく連れて行ける…!

0歳児の時はコロナがブイブイ言っていたので緊急事態宣言ばかりで行けなかったのです。

娘はどんな反応するのかな〜楽しみ〜(*^^*)とウキウキな私。

しかし荷物…!何を持っていけばいいのやら(´・_・`)

色々取捨選択し、結果的に娘は電車で大騒ぎしたり不機嫌になることなく無事に帰宅出来たので忘れないうちに書き記しておこうと思います。

ヒップシート付きの抱っこ紐で行くべし

最初からベビーカーがあると荷物を持たなくていいので楽ですが、とにかく駅などの移動がめんどう。

エレベーターには同じようなベビーカーの人達が列をなしてます。

別に待てばいいんですけどね…私はエレベーター待つくらいなら、抱っこ紐でスイスイ歩いてエスカレーターに乗る方がずっっっと楽だと思ってます。

ベビーカーだと飽きるのかうちの子泣き出しちゃうんですよね(´・_・`)

結局抱っこしながらベビーカー押している親の多さよ…。おチビ達は甘えん坊。

それならば最初から抱っこ紐使った方がいいかなって。

我が家の抱っこ紐はヒップシート付きなので、そんなに重くないと感じるのも大きいです。

\抱っこ紐の話はこちら/

抱っこ紐はベビーアンドミーがオススメ
抱っこ紐を初めて装着した時の話妊娠中から私の中にひとつの思いがあった。それは!抱っこ紐は絶対ヒップシート付きがいいということ!それは私の経験則から弾き出された結論である。20代後半頃に友人達がこぞって子宝に...

ベビーカーは動物園で借りるべし

上野動物園では¥500でベビーカーを借りることができます。

というのも、入園する時に爆睡してしまった娘(笑)

早速ベビーカーを借りてフラットな角度に調節し、爆睡娘を乗せて爬虫類館へGOGO!

娘はなかなか起きず、ゆっくり爬虫類を見れてよかったです。もはや大人が楽しんでいる(笑)

しばらくすると目を覚まし、甘えんぼモード!

パイパイが欲しいとなると抱っこを求めてくるので、ヒップシートのみを使って抱っこの補助として使います。

これがめちゃくちゃ楽。おチビは気になるものがあれば歩きたがったり、また甘えたくなったら抱っこを求めたりする時期。

その負担を軽減してくれるヒップシート付き抱っこ紐は最強アイテムです。

ベビーカーから見るより抱っこで見た方が動物だって良く見えます。

子供の目線に合わせて見上げるとわかる。結構見えないもんですよ。

娘は初めて見る大きなキリンやゾウをまじまじと見てました。1番喜んでいたのはリス科の動物でした(笑)

娘の喜ぶ顔を見れて夫も私もニッコリ(*´ω`*)

持ち物リストはこちら!

  1. 裏起毛パーカー
  2. 靴下
  3. ビニールinオムツ×4
  4. おしりふき
  5. ペットシーツ(オムツ替えシートの代わり)
  6. 除菌シート×2
  7. ティッシュ×2
  8. 麦茶入りマグ
  9. たまごボーロ
  10. ベビーせんべい
  11. にぎにぎボーロ×2本
  12. MYジュレドリンク
  13. 1歳用カルピス
  14. ドリンクホルダー
  15. お食事セット
  16. ハンカチ×2
  17. 財布
  18. スマホ
  19. ゴミ入れ用ポリ袋×2

書き出すと多い気がするけど、リュックに収めるとそんなにパンパンにはならないです。

お食事セットは麺カッターやプラスチックの平皿、スタイなどをまとめてジップロックに入れてます。使い終わったらそのまま入れて持ち帰って袋は捨ててます。

ティッシュと除菌シートを1つずつ一緒に入れておくと食事の際便利です。

MYジュレドリンクとはなんぞ?と思いますよね。こちらです(*´ω`*)

娘の今1番お気に入りのおやつです。高いので遠出などの特別な日だけあげるようにしてます。

常温で持ち運びができて、飲ませる時も開けるだけでOK。この手軽さが最高。

喉も潤うし、お腹に溜まるというジュレがいい仕事してる。考えて作ってくれた人本当にありがとう。

園内をほぼ見終えて、休憩中に娘にあげたら一気飲みしてました(^^)

ボーロなどのおやつもあげてご機嫌を整えたところで動物園とバイバイ。上野駅まで移動して授乳室でゆっくり授乳してオムツ替え!

準備は万端!帰宅ラッシュに鉢会わないように帰るぞー(>_<)

できれば娘よ寝てくれ…!

夕方のぐずりには…

私の願いも虚しく、寝るどころじゃなさそうな娘。というのもあまり電車に乗らないので興奮しちゃっているみたいでした。

しっかり上野駅で授乳してきたのにも関わらず、30分くらいでパイパイに甘えたくなってしまった娘。襟元を全力で引っ張ります(笑)

お茶をあげてもプイプイ。

フェ!と怒り始めてしまったのでここで最終奥義・ジュースの登場!

うちの子は甘酸っぱい味が大好きなので、遠出の際は持って行く事が多いです。

どうしても授乳ができない時に娘をなだめるアイテムです。普段ジュースはほぼ飲ませないので、娘はパッケージを見ただけてニヤリ。

美味しいものはすぐ覚えてくれますよね(^^)正直でかわいい。

ゆっくり味わうように飲んでくれて、かなり時間が稼げました(∩´∀`∩)笑

おかげで大声で泣きわめいたりすることなく最寄りの駅にたどり着けました。

ジュレとジュース2こ使いで乗り切れました。念には念をでお気に入りを2つ準備しておいて良かったです。

どちらも常温で持ち運びができるので、使わなければまたの機会に持ち越せます。

遠出はおチビも少し疲れやすくなるので多少甘やかしてもいいのかなと個人的には思います。

みなさんもお子さんの好みに合わせて甘やかしグッツを持って楽しい遠出を楽しんでくださいね(*´ω`*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました