【はじめてのクレヨン】ベビーコロールとサクラさんかくクーピーを実際に比較してみた

子どもと遊ぶ

現在1歳半のやんちゃ娘を育てているmiddyです。

今回は娘のお絵描きアイテムの【サクラさんかくクーピー】と【ベビーコロール】を比較をしてみました。

どちらも12色入りのもので、発色や価格などを画像付きで比較してます。

お子さまにとって初めてのクレヨン選びをされている方の参考になれば幸いです(*^^*)

サクラさんかくクーピーについて

ちょうど娘が1歳になるときに、初めてのクレヨンとして【サクラさんかくクーピー】を使わせてみました。

選んだ決め手は

  • 小さな手でも握りやすそう
  • クーピー自体自分になじみがある
  • 弱い力でもしっかり色がつく
  • 値段が¥700くらいで買いやすい

Amazonでタイムセールをやっていて安かったので買っちゃいました。

また、当時1歳の娘は口に入れたりする可能性もあったので、万が一食べてしまった時のことを考えてサクラクレパスさんのHPであらかじめ調べたりもしました。

クレヨン・クレパスは有害な物は規制値以上含まれておりません。よって多少の誤食であれば、特別ご心配いただく必要はござい ません。ただ、お口の中に後味が残るといけませんので、よくうがいをしてください。うがいができないお子様など誤食された場合は、濡れタオルなどでお口の中を拭いてあげてください。その後、様子を見ていただきおかしいと感じた場合は医者に連絡してください。

株式会社サクラクレパスHPより

このように記載があり、安心して購入しました。

そもそも1歳児に与えっぱなしにすることはないので、サクラさんかくクーピーは今のところかじられたりはしていません。

ベビーコロールについて

コロン♪としたフォルムがなんだか某スライムのようですね。

独特な形をしていますが、小さい子は握り持ちやすいようです。

ちなみにクリスマスの日に私の弟が娘にプレゼントしてくれました(*^^*)

  • 小さい手でも直感的につかめて描きやすい
  • お絵描き以外にも積み重ねて遊ぶこともできる
  • 見た目がかわいい

ベビーコロールはこのように積み重ねて遊ぶこともできるので、積みたい盛りの子はドはまりすること間違いなしです。

うちの娘も渡すと8割がた積み上げて遊んでいます(笑)

気になる安全面についてもHPでチェックしました。

お使いになるお子様のことをとことん考え抜いた、「Baby color」は、科学的に安全な材料を選び抜いて使用しているので、お子様があやまって舐めてしまっても大丈夫。 「Baby color」は厳しい検査で信頼されているAPマーク(無害マーク)を所得しています。APマークとは、ACMI(米国画材・工芸材料協会)により定められた評価基準に適合した、人体に対して害のない製品にのみ付与されるマーク。

HazukiConpanyHPより

ちなみに【サクラさんかくクーピー】もAPマークを取得しています。

安全の工夫をしておりますが、基本的にお子様が口に入れないようご注意ください。

デザイン上でも先端部にあいている穴は、万が一、のどに入った場合でも空気が通るため、のどを詰まらせる危険を減らすように作られています。 これならやんちゃな子供たちにも安心して持たせられますよね!

HazukiConpanyHPより

ベビーコロールは第5回キッズデザイン賞キッズセーフティ部門最優秀賞などを受賞しています。

すなわち某スライムはとても優れたデザインということがわかります。

発色や値段の比較検証!

\今日はどっちで遊ぶ??/

サクラさんかくクーピーの良いところ

  • 正しい持ち方がしやすい設計になっている
  • 大人も持ちやすいので一緒にお絵かきが楽しめる
  • 力の弱い赤ちゃんでも楽しく描ける
  • 価格も¥700程度なので買いやすい

サクラさんかくクーピーの悪いところ

  • 口に入れたらうっかり飲み込めそうな太さなので赤ちゃんに与えるのは少し怖いかも?

ベビーコロールの良いところ

  • キッズデザイン賞などを受賞している安全なフォルム
  • お絵描き以外でも遊び方がある
  • 小さい手で握って持ちやすい

ベビーコロールの悪いところ

  • 発色・描きごごちはクーピーの方が上
  • 先端部分を子どもがかじりやすい
  • ¥1,200前後とややお高め

これはうちの子だけかもしれませんが、サクラさんかくクーピーはかじるどころか舐めることもありません。

ですがベビーコロールは積み上げながら手に持ってガジガジ…( ゚Д゚)

お口に入れないよ!と声かけ&見守り必須です(笑)

発色に関しては紫色にわかりやすく差が出ました。

細かく見ていくと黄緑色や水色もベビーコロールの方がやや薄めです。

ちなみにクーピーはなめらかな描き心地でしっかり発色してくれますが、ベビーコロールはザリザリっとした描き心地でやや発色も劣っています。

ちなみにベビーコロールとサクラさんかくクーピーの後ろはこんな感じです。

クーピーは空洞になっていないのに対し、ベビーコロールは向こう側が見えるのでしっかり空洞になっているのが分かります。

ベビーコロールは空洞になっている分、割れやすかったりするようです。

逆にしっかり詰まっているサクラさんかくクーピーはその分たっぷりお絵描きできるわけです。

結局どちらを買えばいいの?

これは実際に両方持っている私の感覚なのですが、ベビーコロールは1歳前後の赤ちゃんよりの子におすすめかと思います。

うちの娘も、10ヶ月の甥っ子も、直感的に丸い部分を掴んで得意気なお顔。唇をとがらせる程集中してお絵描きを楽しんでいました。

積み重ねるのも楽しいようで1歳前後の子は間違いなくハマるでしょう(*´ω`*)

新幹線や特急などに乗る長距離移動の際のおもちゃとして、100均の自由帳とベビーコロールを用意しておけば【お絵描き】と【積み遊び】が出来るので音も出ないのでおすすめです。

また、起こらないで欲しいですが、万が一飲み込んでしまっても空洞になっているという造りなのは比較的安全性が高いと言えるでしょう。

2歳前後の子なら指先も発達してフォークやスプーンで上手にご飯が食べられる時期なので、正しい持ち方などを身につけ始めた方が良いと思います。

サクラさんかくクーピーは色がそのまま発色されるのと、タッチの強さ加減で色の濃淡が出しやすい特徴があります。

これからたくさんお絵描きしていく訳ですから、たっぷりぬりぬりできてコスパも良い方がいいと思います。

まとめ

どちらを選んでもお子さんは、大好きなママからのプレゼントなので間違いなく喜んでくれることでしょう。

お子さんのはじめてのクレヨンで迷われているママさんの参考になったら嬉しいです(*´ω`*)

コメント

タイトルとURLをコピーしました