【裏技!?】子どもの口をゆすぐ時の神アイテム【あると便利】

育児

間違えて2個買ってしまった…

最初は間違えてAmazonで2つ頼んでしまったことからはじまりました。

\それがこちら/

私は杉の時期花粉症が爆発するので鼻うがいしないと熟睡出来ないタイプ。

とはいえ2個も容器付きのハナノアはいらない。

なので容器は1つで十分。

使わないもの、不要なものはすぐ捨てる私。

しかし妊娠してつわりでゲロゲロで断捨離なんてできず、すっかり存在を忘れていました。

子どもが外に興味を持つようになって

ゲロつわりも終わり、無事出産して子育てをしている中。

1歳を過ぎた娘はお外に興味津々。

私が洗濯物を干している間、一緒にテラスに出て雑草をちぎり倒したりしていました。

そんな時事件が起こったのです。

恐怖!虫食べてる?!

娘がテラスの隅で何かしてる。

何してるのー?と呼びかけると笑顔で振り返る。と口元に濃いめの灰色の何かが付いている。

小石かな?まーた変なもの口に入れてるな〜と近づくと衝撃が走った。その灰色の物は足がたくさん付いていて明らかなダンゴムシだった。

チラチラ様子を見ていたものの後ろを向かれていると完全に把握は難しく…だとしてもよりによってダンゴムシ…ああああああ(º_º)

娘はしかめっ面でもぐもぐしている。

【口をゆすがなくては】私は娘を抱えて洗面台へ走った。

口を開けてくれず、ゆすげない…

お口あーんして!と抱っこしながら蛇口の水を手ですくって口元に持っていったりしても娘は固く閉じた口でムッ!っと抵抗。

口の周りのダンゴムシの残骸を洗ったり、指で無理やり口の中をかきだそうとしても全ては取れず…

私自身虫は本当に無理だけど、娘がこの後お腹下したりしたらと思うとやらずにはいられない(^_^;)

指に残骸が付いてゾワゾワ。私が吐きそうになりながら戦っているうちに思い付いた。

そうだ…!アレなら…!

私は洗面台の下の収納を漁った。

ハナノアの容器の特徴

中にストローが付いているので、容器に水を入れて押すだけでどの角度でも水が出る仕組みです。

ちなみにハナノアの容器は2種類あって、中にストローがついているタイプはハナノア初心者用らしいです。私がおススメしているストロー付きのものは緑色の容器の初心者用です。

水色の容器の方はストローが入っていないので動画のように出すのは難しいかもしれません。

まさに公園にある水飲みの感覚で、かつ自分のタイミングや強さで水を噴射できる訳です。

急いで水を入れて娘を片手で抱えてお口にチョロチョロ当てるとくすぐったいのか、ニマァ(´∀`)と笑って口を開けてくれました。

少し強くして口の中を洗浄するとまぁ出るわ出るわダンゴムシだったもの(^_^;)オエ

ダンゴムシごめんよ…

([[[[[)< .。oO(ええんやで)

その後も2回ほどしっかりゆすいで完了!

病院に連れて行くか迷ったものの、少し様子を見ることに。下痢をしたりもなく元気でした。

灯油のポンプの先を舐めた

最近は↑の事をやらかしてくれました。

玄関が気になるようで、その日はそこに置いてある空の灯油タンク&ポンプが目に付いたようです。

私が気づいた時にはホース部分を持ってフリフリ。

あ!ダメだよ(`・д・)σ メッ

と素早く注意しつつダッシュで近づくと娘は何を思ったのかホースの先をパクリ。

うあああああ!灯油くぁw背drftgyふじこlp;@:「」舐めた!死んじゃう!(°д ° )

すぐに娘を確保して片手でスマホで調べると、灯油を飲み込んだ場合は口をゆすぐのはダメとか色々書いてありました。ある程度の量を飲み込んでるかどうかで対処も変わるようです。

今回はペロリなのでゆすぐことにしました。

この時もこのアイテムでしっかりゆすげました。(´∀`)

口の周りの灯油の匂いもちゃんととれたので一旦一安心。この日も様子見(ドキドキ)

特に嘔吐も下痢もなく、機嫌もよく食欲も変わらずだったので受診はしませんでした。

何でも口にしちゃう子どもの味方に!

元を辿ると捨ててしまおうかと思っていたハナノアの洗浄容器がこんなに活躍するとは思わず、ちょっと面白かったので記事にしてみました。

子どもから目を離さないようにしていても、やらかされる時はやらかされてしまいます。

その中で子どもの方も「ダンゴムシは土臭くてまずい」や「灯油は変な油の臭いと味がしてまずい」など、覚えていくのでしょうけどまだまだ分別がつかないお年頃。

うちは1歳2ヶ月の現在でもたまに木の枝とか小石を口に入れようとします(^_^;)

出来れば口をゆすぐような事態にならないのが1番ですが(笑)このボトルのおかげでこの後口ゆすげば大丈夫って多少思えるのでほんの少し心に余裕が出来ました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました